株式会社冨士建設 代表取締役 文字 正和 

木質チップの多様な用途開発

機械土工を原点に日本の主要高速道路の建設や、大規模造成等の工事に参画し、発展してきました。
その過程において、1990年代に土地造成事業の一環で建設機械による樹木の伐採、破砕作業を手掛けたことにより、木材を中心とした環境リサイクル事業に進出することになりました。

現在、神奈川県西部を中心とし、木材の有効なリサイクル事業を展開すべく、地域内での資源活用、林業との提携、農業・畜産への木材の有効利用を進めております。