日本建設技術株式会社 代表取締役社長  原 裕

ミラクルソル〜間伐材による地盤補強

昭和28年にさく井業者として創業し、その後建設分野における専業化の技術革新に伴い、
地質調査業やボーリングを伴う地すべり対策工事・斜面安定化工事・グラウト工事や法面保護工事等に進出するとともに、建設関連業の測量業・建設コンサルタント・補償コンサルタント・一級建築士事務所等の拡充を図りながら技術力の向上を目指してきた。
21世紀は環境の時代でもあり、環境に着目した工法や商品開発に取組みガラス廃材を再利用した多目的環境材料「ミラクルソル」を用いて、環境に貢献できる「ガラス廃材のクラスター構想」として、環境緑化工法、環境土木工法、水環境工法等を普及させ、環境負荷の低減を実現する工法を提案して行きたいと思う。
六年前から間伐材を用いて軟弱地盤を補強する「ラフト&パイル工法」は、間伐材を使用するためCO2削減が可能となる。環境に配慮した取り組みを率先していくことで政府が掲げるCO2削減目標にも貢献して行きたい。
社員一丸となって技術力を高め、挑戦心を持って建設業の厳しい時代を乗り越えていきたい。