渡辺組社長 渡邉大輔

介護事業、福祉用具レンタル・販売、介護リフォーム

平成13年より、土木部・建築部を含む全社員の半分がノウハウ蓄積のため2級ホームヘルパー資格を取得。施工物件におけるユニバーサルデザインの提案等を進める。
平成14年10月に、福祉事業部を設立し、福祉用具貸与事業所「ケアショップさくら工房」を開設。要介護者への福祉用具のレンタル・販売と介護リフォームへ進出。同時に関連会社(株)さくらシニアサービスを設立し、高齢者向け優良賃貸住宅「さくら壱番館」の企画を行い平成16年に開設。
平成18年同社内に、訪問介護事業所「ヘルパーステーションいちごの会」を開設。
平成24年、居宅介護支援事業所「ケアプランさくら」を開設し、さくら壱番館を中心として入居者の自立生活をサポートしている。