山本建設株式会社 代表取締役社長 山本祐司 

うなぎの養殖事業、PFIやふるさとサポーター等

 公共事業の減少や新規職員の採用の難しさ等から本業としての建設業の外に、今までに関連が有り、建設の視点から取り組める新しい複業(第2の本業)として、韓国からタンク式のうなぎ養殖システムを導入(養殖事業での収益、養殖技術の確立と職員の研修や教育を含めて養殖場建設システムの販売を計画)し現在4年目に入ったところです。
 この他にも、時代の変化に少しでも対応出来る様に、PFI事業への参加や県外へ出られた人達へのサポーターとしての熊本ふるさとサポーター事業などを小さく始めています。
 今後も本業(建設業)を大切にしながら将来を見据えて福業化(拡本業)を図って行きたいです。