• 第15回 建設トップランナーフォーラムは、新型コロナウィルス感染防止のため延期となりました。
  • 建設業と農林水産業の連携シンポジウムを令和3年2月15日開催しました。下記のボタンをクリックし、YouTubeでご覧下さい。

建設トップランナー倶楽部の活動を支える幹事会企業の多くは、従来の建設産業の枠に捉われず、自らの手で新しい道を切り開こうと努力している地域建設業であり、互いに刺激を受けながら、日々奮闘しています。止まることなく、前進を続ける姿は、新しい建設業のかたちを我々に指し示してくれます。

  • 小野組/北陸建設アカデミー

    新潟県胎内市に本社を置く小野組は2019(令和元)年6月、全国の地域建設業8社とともに、テレワークを活用した技術者教育の拠点として「和合館工学舎」を設立するとともに、2020(令和2)年6月に技術者・技能者不足を解消するため「北陸建設アカデミー」を開校しました。建設業界が直面している人材育成や担い手確保に向けて果敢な挑戦を続けています。

  • 寿建設/山崎エリナ写真集

    寿建設は、世紀の大工事といわれた黒部第4発電所工事に参加したトンネル専門工業者がルーツで、現在は「トンネル専門工事」「地場ゼネコン」「トンネル補修工事」の3つを柱とした企業に成長しています。社会貢献活動や広報活動にも積極的に取り組み、女性写真家の山崎エリナさんとコラボした写真集や写真展が話題を呼んでいます。

  • 加藤建設/建設業の魅力発信

    加藤建設は、中層地盤改良のパワーブレンダー工法や、都市型地下構造物を構築するアーバンリング工法などの独自技術によって全国で数々の実績を築いてきました。近年は「自然との共存」を掲げ、環境に配慮した技術開発を進め、自然に歩み寄る建設会社を目指す一方、建設業の魅力発信により若者の入職促進に向けて積極的に取り組んでいます。

  • 深松組/多角化路線

    深松組は、水力発電所建設の土木工事で会社の基礎を築き、以後、一般分譲住宅やマンション建設などの建築事業を開始し、賃貸住宅部門の拡充によって「土木」「建築」「賃貸住宅」―の3本柱を確立しました。また、ミャンマーの賃貸マンション建設、トマト生産販売を手掛ける未来彩園への経営参加、再生可能エネルギーの太陽光発電事業、沖縄県での観光関連投資など経営の多角化に取り組んでいます。

  • 当倶楽部は会員制ではありません。
  • 建設トップランナーフォーラムには、どなたでも自由にご参加いただけます、会費も不要です。下記リンクのフォームから連絡先を登録してください。建設トップランナー倶楽部通信(隔月1回)をメール送付いたします。
  • 幹事会について
  • 倶楽部の活動を支えるための幹事会(会費有)が設置されています。「幹事会について」をご覧下さい。

WEB勉強会

WEB勉強会