コロナ禍におけるTRCの取り組み

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年6月26日に東京・イイノホールで開催を予定していた「第15回建設トップランナーフォーラム~地域の担い手をどう育てるか+コロナ経済混乱への対応を考える~」が中止となり、情報発信の場がなくなったことを受けて、建設トップランナー倶楽部では、Zoomミーティングを活用した座談会やWEB勉強会などを実施しています。
WEB勉強会は2020年は6月15日、7月17日、9月7日の計3回開催しました。1回目は寿建設(福島県)の森崎英五朗社長が「建設業の『広報』について」のテーマに話題提供。2回目は小野組(新潟県)の小野貴史社長が「人財育成の取り組み事例~和合館工学舎と北陸建設アカデミーについて」を紹介。3回目は加藤建設(愛知県)の加藤徹社長(代理)が「建設業をあこがれの職業ナンバーワンに」の取り組みを発表しました。

2021年についても、以下の通り、継続して実施しています。

2021年04月07日(水)中和コンストラクション(愛知県)災害復旧現場での無人化施工へのチャレンジ結果と今後の課題」
2021年03月03日(水)吉崎工務店(島根県)「地域文化の保全と活用」
2020年09月07日(月) 加藤建設(愛知県)「建設業をあこがれの職業ナンバーワンに」
2020年07月17日(金) 小野組(新潟県)「人材育成の取り組み事例~和合館工学舎と北陸建設アカデミーについて」
2020年06月15日(月) 寿建設(福島県)「建設業のイメージアップ戦略ー写真集、アニメ、ゲーム等」

WEB勉強会

WEB勉強会